目の上のタルミ(上瞼のタルミ)、凹み

上瞼のタルミは、軽度であれば埋没法で二重の幅を広くすることで改善できます。
中等度以上のタルミがある場合には、目の上のタルミ取り手術で瞼の余分な皮膚を取り除きます。

上瞼の凹み(いわゆるクボミ目)や目の下のクボミは、

疲れた印象を与えたり、年齢を感じさせてしまう原因になります。ヒアルロン酸肌再生医療、スキンケア治療(リフト6アクティブパルスセラピー)、手術(埋没法目の上の脂肪注入)などの方法で治療しますが、ヒアルロン酸注入による治療が「効果、仕上がり、調節のしやすさ、コストパフォーマンス」全ての点で優れています。

埋没法

≫ 目の上のタルミ取り手術 ≫ ヒアルロン酸 ≫リフト6 ≫ アクティブパルスセラピー ≫目の上の脂肪注入 

目の下のクマ

「目の下のクマ」と一口に言っても、皮膚の色素沈着が原因の場合、皮膚が薄くて血色の悪さが透けて見えるのが原因の場合、目の周りの凹みやタルミで陰が生じるのが原因の場合、などいろいろな原因が考えられます。


現在の状態やご希望に応じて、プチ整形(ヒアルロン酸、ニューフィル)、スキンケア治療(サーモアイリフト、リフト6インディバアクティブパルスセラピージェネシスタイタンダブロ)、手術(目の下のタルミ取り手術)などの中から最も適切な方法で治療します。

※ヒアルロン酸注入 ≫ ニューフィル ≫

※リフト ≫ サーモアイリフト 

 

※メディカルエステプランページ≫
インディバ ≫ アクティブパルスセラピー ≫ ジェネシス ≫
タイタン ≫ ダブロ ≫ 目の下のタルミ取り手術

 

目の下のシワ、タルミ、凹み

目の下のシワ、タルミ、凹みの治療は状態に応じた適切な方法を選択することが重要になります。
現在のシワの状態やご希望に応じて、プチ整形(ヒアルロン酸、ボトックス、ニューフィル)、スキンケア治療(リフト6、アクティブパルスセラピー、インディバ、ジェネシス、リファームST、マトリックスIR、ダーマペン)、手術(目の下のタルミ取り手術)の中から最も適切な方法で治療します。

ヒアルロン酸注入 ≫ ボトックス ≫ ニューフィル ≫
リフト6 ≫ アクティブパルスセラピー ≫ インディバ ≫
ジェネシス ≫ リファームST ≫ マトリックスIR ≫ 
ダーマペン ≫

目の下の“ハの字型”のシワ(ゴルゴ線) 

目の下にできる“ハノ字型”のシワは、漫画・ゴルゴ13の主人公「デューク東郷」にちなんで“ゴルゴ線”とも呼ばれています。


ゴルゴ線は、ヒアルロン酸、ニューフィル、タイタン、リファームST、マトリックスIR、ダブロなどでシワを浅くしたり、ウルトラVリフトや3Dリフトで頬骨の部分を持ち上げて治療します。

ヒアルロン酸注入 ≫ ニューフィル ≫ タイタン ≫
リファームST ≫ マトリックスIR ≫ ダブロ ≫
ウルトラVリフト ≫ 3Dリフト ≫

ほうれい線(鼻唇溝) 

小鼻の横から口角にかけてのシワを“ほうれい線(法令線、鼻唇溝)”と呼びます。
ほうれい線が目立ってくるとホホも下がって見え、疲れて見えたり老けこんで見えたりする原因になります。


現在の状態やご希望に応じて、ヒアルロン酸、スキンケア治療(ジェネシス、タイタン、リファームST、マトリックスIR、ダブロなど)、ウルトラVリフト、3Dリフト、溶ける糸のシルエットリフト、ミニリフト、フェイスリフトなどの中から最も適切な方法で治療します。

ヒアルロン酸注入 
ジェネシス ≫ タイタン ≫ リファームST ≫
マトリックスIR ≫ ダブロ ≫ ウルトラVリフト ≫ 
3Dリフト ≫ 溶ける糸のシルエットリフト
ミニリフト ≫ フェイスリフト

口元のシワ(マリオネットライン)

口角から下に向かって伸びる“ハノ字型”のシワは、別名“マリオネットライン”とも呼ばれます。
マリオネットラインがあると口角が下がって見え、顔も弛んで見えてしまいます。
治療法は“ほうれい線”と基本的には同じです。

ヒアルロン酸注入 ≫
ジェネシス ≫ タイタン ≫ リファームST ≫
マトリックスIR ≫ ダブロ ≫ ウルトラVリフト ≫ 
3Dリフト ≫ 溶ける糸のシルエットリフト ≫
ミニリフト ≫ フェイスリフト ≫

コメカミの凹み

コメカミの部分が凹んでくると、疲れて見えたり、老けこんで見えてしまいます。
ヒアルロン酸、ニューフィル、脂肪注入の3つが定番の治療法です。
ヒアルロン酸は即効性の効果が得られますが、コメカミをふっくらさせるためにはヒアルロン酸をたくさん使うので経済的でなく、効果の持続が長くて経済的なニューフィルの方がお勧めです。

ヒアルロン酸注入 ≫ ニューフィル ≫ コメカミの脂肪注入

ホホの凹み

ホホのクボミを改善させることで若々しく健康的な表情を取り戻せます。
コメカミと同じく、ヒアルロン酸、ニューフィル、脂肪注入の3つが定番の治療法です。
ヒアルロン酸は即効性の効果が得られますが、半年毎に何本ものヒアルロン酸を注入する必要があるので経済的ではありません。
ホホをふっくらさせる場合には、効果の持続が長くて経済的なニューフィルの方がお勧めです。

ヒアルロン酸注入 ≫ ニューフィル ≫ コメカミの脂肪注入 ≫

顔のタルミは、肌再生医療、スキンケア治療(ジェネシス、タイタン、リファームST、マトリックスIR、ダブロなど)、ウルトラVリフト、3Dリフト、溶ける糸のシルエットリフト、ミニリフト、フェイスリフトなどの中から最も適切な方法で治療します。
治療法はたくさんありますが、メスを使う治療(ミニリフト、フェイスリフト)は“最後の手段”です。

首のシワ、タルミは、タイタンジェネシスリファームSTマトリックスIRダブロなどのスキンケア治療のほか、ウルトラVリフトで治療をおこないます。

ジェネシス≫ タイタン ≫
リファームST ≫ マトリックスIR ≫ ダブロ ≫
ウルトラVリフト ≫ 3Dリフト ≫ 溶ける糸のシルエットリフト 
ミニリフト ≫ フェイスリフト 

二重アゴの改善 

二重アゴの原因がタルミの場合、各種タルミ取り治療の中でも二重アゴの部分に直接治療がおこなえる、カーボメッド、タイタン、リファームST、マトリックスIR、ダブロ、ウルトラVリフトなどがお勧めです。

手の甲のシワ 

今まで治療が難しかった手の甲のシワ・タルミ・血管の浮き出しは、ヒアルロン酸で治すことができるようになりました。

ヒアルロン酸注入 ≫ 

注射、点滴、内服薬による若返り 

プラセンタ内服薬(ラエンネックP.O. )やプラセンタ注射、成長ホルモンの分泌を刺激するゼントロピン、細胞に有害な活性酸素を取り除くコエンザイムQ10注射、最近話題の高濃度ビタミンC点滴・超高濃度ビタミンC点滴など、若返り効果が得られる治療メニューをご提案します。

ラエンネックP.O. ≫ プラセンタ注射 ≫ ゼントロピン 
コエンザイムQ10注射 ≫ 高濃度ビタミンC点滴・超高濃度ビタミンC点滴 

フェザーリフト、切らないリフト 

“アプトス”や“ワプトス”から始まった、糸を使用してタルミを取る治療は年々進歩しています。
現在の主流はウルトラVリフトや3Dリフトや溶ける糸のシルエットリフトなどの吸収糸を使用した治療です。
メスを使わないのでキズは一切残りません。また、吸収糸を使用するので糸も残らず、治療を繰り返しても「糸だらけ」にならなくて済みます。

ウルトラVリフト ≫ 3Dリフト ≫ 溶ける糸のシルエットリフト 
スプリングスレッドリフト  

Please reload

大きな胸を望んではいないけれど、形を美しく整えたいと考える女性が結構いらっしゃいます。豊胸手術は胸を大きくするためだけに行われるのではありません。「美乳」を目的とした豊胸手術について解説します。

# アクアリフト

抜去

抜去(当院)

抜去(他院)

陥没乳頭

陥没乳頭(仮性)

陥没乳頭(真性)

乳頭縮小

乳頭縮小(高さor面積)

乳頭縮小(高さ+面積)

乳輪縮小

自己脂肪注入 自己脂肪注入(乳房再建

自己脂肪注入

自己脂肪注入(乳房再建)